So-net無料ブログ作成

『だがしかし』1巻の感想!あるあるネタに頷く・・ [感想]






■懐かしの駄菓子を用いた駄菓子コメディー漫画!

1巻 表紙.jpg

<『だがしかし』の概要>

 主人公は、駄菓子屋を営む父を持つ
 少年『ココノツ』。

 ココノツの父は、将来、ココノツに駄菓子
 屋を継がせたいと思っているが、ココノツ
 は漫画家になりたく継ぐ気はない。

 そんな状況の中、突然、大手おやつ会
 社「枝垂カンパニー」の御曹司である
 『枝垂ほたる』という少女が現れる。
 
 ほたるの目的は、ココノツの父を「枝垂
 カンパニー」に迎え入れること。

 ココノツの父は、一度その要請を断るが、
 ほたるの『ココノツに、駄菓子屋の跡継ぎ
 になる決心をさせたら、枝垂カンパニーに
 来る』という提案にのる。

 その後、ココノツ、ほたる、父、その他ココ
 ノツの友人を交えた駄菓子屋を舞台にした
 コメディーが繰り広げられるマンガ。



■第1巻の感想


 ≪コメディ漫画としては〇≫

  ボケが父やホタル、突込みがココノツと
  いう役割分担ができていてます。

  ギャグのセンスは良く、個人的には普通
  に面白いと思います。


  img_7_m.jpg


  駄菓子を用いたネタなので、多くの年代で
  楽しめるネタだと思います。

  特に、駄菓子を用いたあるあるネタも多く
  散りばめられていて、つい「分かる!」と
  思ってしまうものも多いです。

  でもあれですね、散りばめられているギャ
  グの中には「ジョジョ立ち」や「ポケモン
  トレーナー」「ラスボス」などが出ていま
  す。

  このあたりのネタを散りばめてくるあた
  り、作者のコトヤマさんは、なんとなく年
  齢が 若い(20代後半~30代前半)気
  がしますね。

  それに、単行本を発売するのはこれが
  初めてとのことですし。

  どこかで年齢とかプロフィールは公表
  されているのでしょうか。



  image.jpg



 ≪駄菓子ネタも豊富≫
  
  さすがは駄菓子コメディ!

  ちょっとした駄菓子の豆知識が、ちょく
  ちょく出てきます。

  たとえば、「ラムネ」の語源は『レモネ
  ード』であり、ペリーが広めたなど。

  他にも、モロッコヨーグルト(よく駄菓
  子屋にあるふたが青とか緑の小さい
  ヨーグルト)はなぜモロッコか、なども
  紹介されています。

  2巻では、お菓子と駄菓子の違いは・・・
  みたいなことも話されるみたいなので、
  ちょっと楽しみにしています。

  なんか駄菓子って軽い菓子的な感じ
  ですが、そこらへんの違いも分かるも
  のと思います。









  ≪ほたるが可愛い!そしてエロい・・・≫
 
  なにより気になるのは、ほたるの可愛さ・
  エロさです。
  ほたる1.jpg
 
  ほたる2.jpg

  ほたる3.jpg

  
  キャラはエロキャラでもなんでもなく、
  ただの変わった駄菓子好きなのです
  が、作者の方がどことなくエロを散り
  ばめてきています。

  目がNARUTOの輪廻眼のように
  なっているのも謎ですが、おそらく
  今後かなり人気キャラになるでしょう。
  (特にストーリーとは関係ありませ
   んが・・・笑)

  ちなみに、もう一人少女が登場します。
  名前は「遠藤さや」という方で、ココノ
  ツの友人「遠藤豆(エンドウトウ)」の妹
  です。

  saya.jpg

  ココノツに気がある感じで、こっちの子も
  結構かわいいですね。

  少しツンデレ・照れ屋の要素があります 
  ので、ほたる派・サヤ派にわかれるもの
  と思われます。



  ≪1巻の総評≫

  まとめると、総評は以下のとおり。

   ・ギャグセンス・ユーモア:◎
   ・駄菓子の知識向上:◎
   ・キャラ:◎
   ・ストーリー性:△

  と、まぁ個人的にはこんな感じです。
  結構楽しめましたし、今後も読んでいき
  たいと思います。
 
  また、読んでいく中で駄菓子が無性に
  食べたくなるので、読者の中には駄菓
  子屋さんに行く人も多くなるのでは?
  と思います。

  今はめっきり少なくなった町の駄菓子
  屋さんですが、この漫画をきっかけに
  少しでも売上があがって、存続して
  ほしいものです(^_^.)  

  ただ、全体的なストーリー性があまり
  見えてこないので、今後マンネリ化す
  る恐れがあるような気もしますね。


 <参考>第1巻の話

  第1話 :駄菓子屋
  第2話 :うまい棒
  第3話 :ポテトフライ
  第4話 :きなこ棒
  第5話 :生いきビール
  第6話 :モロッコフルーツヨーグルト
  第7話 :コーヒー牛乳キャンディ
  第8話 :ヤングドーナツ
  第9話 :ブタメン

  第10話 :くるくるぼーゼリー
  第11話 :フエラムネ
  第12話 :めんこ
  第13話 :ラムネ
  第14話 :ココアシガレット
  第15話 :プチプチうらないチョコ
  第16話 :ビンラムネ
  第17話 :こざくら餅
  第18話 :たまごアイス

  ※『だがしかし』では、「第1話」=「第1かし」という呼び方を
   しています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。